2019年1月19日土曜日

第18回子ども脱被ばく裁判のご案内(2019年2月20日)

子ども脱被ばく裁判原告、支援者のみなさま

日頃より子ども脱被ばく裁判をお支えくださり、ありがとうございます。2月20日第18回期日の予定をお知らせします。午前中の学習会には和田央子さんをお迎えし、放射能ゴミ焼却についてお話を伺います。福島原発事故がもたらした緊急課題のひとつです。ぜひご一緒に学びましょう。開廷は午後2時です。今回の争点は下記のようになります。傍聴席を満席にして原告団、弁護団を応援しましょう。当日の集会は福島市民会館ではなく『ラコパ福島』です。ご注意ください。また公正な裁判を求める署名は継続しています。期日1週間前までに井戸弁護士宛に送付ください。どうぞよろしくお願いします。

子ども脱被ばく裁判の会原告代表 今野寿美雄
子ども脱被ばく裁判の会共同代表 水戸喜世子 片岡輝美

■第18回子ども脱被ばく裁判プログラム
■日時:2019年2月20日(水)午前11時から午後5時まで
■会場:ラコパ福島 〒960-8105 福島県福島市仲間町4-8 Tel.024-522-1600


■裁判:福島地方裁判所 〒960-8512 福島市花園町5-38 ℡024-534-2156
■日程
11:00 開会のあいさつ・署名報告
11:15 講演「日本政府は放射能ゴミをどのように処理しているか」放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会 和田央子さん
12:30 昼食と休憩
13:15 地裁へ移動開始
13:45 地裁前集会
14:00 傍聴券配布
14:15 入廷
14:30 開廷・意見陳述
15:30 閉廷
16:00 記者会見
16:15 本日の裁判と今後について意見交換
16:45 閉会のあいさつ

■弁護団から 第18回口頭弁論期日の予定
1 今回、原告側は次の準備書面を出す予定です。
(1) 福島県内で小児甲状腺がん患者が272名に達していたことが判明したことについての主張
(2) LNTモデル、UNSCEAR2012年報告、大瀧慈論文(広島原爆被爆者における健康障害の主要因は放射性微粒子被曝であることを明らかにした論文)についての主張
(3) 被告国、被告福島県の被ばくに関する法的規制等(1mSv規制、放射線管理区域規制、クリアランスレベル規制等)に関する主張に対する反論
(4) その他
2 今回も原告の意見陳述を予定しています。
3 被告国は、不溶性放射性微粒子についての原告側の主張に対する反論をすると述べていましたが、今回の期日には間に合わないかも知れません。
引き続き、注目していただきますよう、お願いいたします。

■学習会講師:和田央子さんプロフィール
2001年、夫と東京より鮫川村に移住。2003年すぐそばの塙町に空き家を借りて転居。2011年原発事故で1週間避難したのち福島に戻り、避難者ペット支援に奔走する。2012年9月、鮫川村で指定廃棄物の焼却実験炉建設計画を知り反対運動を行う。環境省による反対住民の排除や情報隠蔽、ごまかしなどデタラメぶりを目の当たりにし、放射能汚染ゴミ処理のあり方に疑問を抱き、この問題を追い続けている。

2018年12月17日月曜日

第17回子ども脱被ばく裁判報告と感謝





第17回口頭弁論期日・弁護団報告 (2018/12/11)

1 2018年12月11日14時30分から、子ども脱被ばく裁判第17回口頭弁論が開かれました。原告側から準備書面(62)、(63)、(64)が提出されました。原告準備書面(62)は、既に提出されている国の第10準備書面に対する反論です。国は同準備書面において、「原告らの主張する『年1mSvの被ばくであっても、無用な被ばくによる健康被害を心配しないで生活する権利』なるものは、国賠法の救済が得られる具体的な権利ないし法的利益とはいえない」、「一般的、抽象的な健康リスクに対する不安感のみをもって国賠法の救済が得られる権利ないし法的利益があると認めることができない」、損害と請求原因との因果関係が明らかでない、そして「消滅時効の援用」についていろいろと述べています。これに対して、原告準備書面(62)では、抽象的な危惧感や不安感を権利ないし法的利益として主張しているのではなく、被ばくを避けて、健康に生存・生活するという個人の基本的な権利(健康13条、25条)が住民の健康と福祉を守る責務を有している被告らの行為によって意図的に侵害されたことで現実的に発生している将来への健康不安という精神的侵害の賠償を求めているものであること、消滅時効については時効の起算点が,「被害者において,加害者に対する賠償請求が事実上可能な状況の下に,その可能な程度にこれらを知った時」であり最判も「被害者が損害を知った時とは,被害者が損害の発生を現実に認識した時をいう」としていることを明確に説明しています。
また、原告準備書面(63)では、河野益近氏による調査を紹介し、福島県内の土壌中の放射性セシウムが不溶性微粒子の形態で存在し、県内子ども原告らが今後も福島県内に住み続けた場合に、同微粒子の摂取による健康被害を受けるリスクがあることを立証しています。
そして、原告準備書面(64)では、SPEEDIシステムの運用について、関係道府県と文科省、システム運営を受託する(財)原子力安全技術センター関係者らが定期的に連絡会議を持っていたこと及びそこで議論されていた内容を説明し、あわせてSPEEDIシステムは、原子力災害応急対策の基幹システムとして法令上も位置付けられていたこと、また、端末を設置していた被告福島県は災対法によってその情報を住民の防護対策のために利用しなければならず、被告福島県のSPEEDI情報の取り扱い(メール廃棄を含む)は、法令上の義務違反にあたることを説明しています。

2 基礎自治体(福島市、会津若松市、田村市、郡山市、伊達市)から準備書面が提出されました。原告準備書面(61)で「各市町村内の総合病院の患者数の推移を調査し」その結果を明らかにすることを要望していますが、いずれも、その要望に応じる必要はないという内容です。

3 今回、国から第11準備書面が提出されました。原告準備書面(55)において、「放射線管理区域規制の趣旨について」「20mSv通知の趣旨について」「低線量被ばく、内部被ばくの危険性について」の3項目ついて、国に対して求釈明をしていますが、これに対し国が第11準備書面において回答して来ました。

4 また、今回の期日において山下俊一氏の講演内容がおさめられているDVDが、裁判官、原告の皆さん、原告代理人、支援者、被告代理人の前で再生されました。1時間を超える内容でしたが、後半の福島の住民の皆さんからの質問に対して「全く影響はありません。」という断言を連発していました。

5 山下俊一氏のDVDの再生、原告代理人の提出書面の要旨の説明に引き続き、原告であるお母さんからの意見陳述がありました。裁判官の皆さんにこのお母さんの気持ちが伝わっていると確信しました。
以上です。


第17回子ども脱被ばく裁判期日報告

子ども脱被ばく裁判の会共同代表 水戸喜世子

 12月11日午前11時から第17回目の口頭弁論と、それに先立って恒例の学習会が行われました。今回も遠方各地からの参加をいただき、ありがとうございました。日頃カンパや署名活動、お話会の開催などを通じて温かいご支援をいただき、お蔭で私どもの訴えは着実に浸透していることを実感しております。今回提出の署名数は 1,270筆、延べで61,518筆となりました。ここに日頃のご支援に深く感謝申し上げ、さらなるご支援を心よりお願い申し上げます。

 今回の学習会ではそろそろ裁判での論点もほぼ出尽くしたという事で、井戸弁護団長にこれまでの振り返りをしていただきました。それを聞いて改めて、この国 前代未聞の被害に対する前代未聞にならざるを得ない裁判にかける弁護団の意気込み、粘り強い追及に改めて感銘を受けました。また弁護団を支える研究者のご支援にも感謝の思いを一層深く致しました。講演を補足して、原告の子どもが通う学校周辺の通学路の土壌をふるいにかけ、微細粒子を測定して、放射性セシウム物質の98%が不溶性粒子の形で存在していることを検出された河野益近氏の発言もいただきました。

 午後からは福島地裁前に、支援の旗がはためき、各地参加者から力強い取り組みの報告や支援の熱い思いを交流し合ったのちに、傍聴に臨みました。法廷のやり取りの詳細については弁護団報告に譲るとして、法廷で1時間余に及ぶDVD上映が実現したことは私自身にとっても初体験でした。それは事故直後の3月21日に福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの資格で山下俊一氏が福島市で行った講演を録画したもので、画面の中で繰り返し語られていたのは毎時100μSvでも心配ないという耳を疑うような内容でした。山下医師の冗談を交えた優しい語り口に、張りつめた思いで会場に詰めかけてきている聴衆からは、ホッとしたような笑い声さえ漏れる画面。こうやって、人びとから警戒心を解き、マスクを外させ、 子どもを外出させ、被ばくを推進する結果を生み出したのかと思うと、怒りを抑えることができません。8年近くの時が流れ、子どもの健康被害が顕在化する中で、山下発言の醜悪性が法の裁きを受ける時が遂にやってきたのです。

 この日の法廷で、深い感銘を与えたのは原告のお母さんの陳述でした。「もう7年も経つのに、なぜこんなに悲しくなるのか?」と声を詰まらせて始まった陳述は、 不安、恐怖、差別と母娘で格闘して過ごした年月を振り返り「この悲しみは癒えることも、消える事もありません」と結ばれました。温かい励ましの拍手が法廷に響きました。これこそが裁かれるべき真実であると誰しもが思いました。

 最後に 井戸弁護団長の講演内容の概略をまとめておきます
1,門前払いを回避するための弁護団の尽力について。
 今は亡き澤野伸浩さんとそのお弟子さん、今中哲二さんらのご協力により、「安全な地域」を米国NNSA測定のデータ、文科省の航空機モニタリングデータを元に地図にして可視化し、特定できたこと。
2,裁判所との攻防の末、約2年後にやっと実質審議に入ることができたこと。
3,国の言う「100mSv以下では、被ばく由来と言える確率的健康被害は見えてこない」への反論として、権威ある幾つかの論文や崎山比早子医師、郷地秀夫医師の意見書を提出し、低線量被ばく、内部被ばくのリスクの重大さを強調してきた。
4,現在も子どもの環境に不溶性の放射性微粒子が土ほこりに付着する形で存在していることが実測により明らかになった。体外に排出し難くなり、ICRPの生物的半減期の考え方は適用できず、内部被ばくのリスクは、ICRPの考え方よりも当然大きくなるはずである。
5,国の主な反論は、「精神的苦痛」は法的保護に値しない。すでに事故発生から3~5年も経過しており、時効である(消滅時効)。これらについて、弁護団では、詳細な反論書を行なっている。不溶性放射性微粒子の問題については、これから国側から準備書面が出される。
 概ね論点についての原告側の主張立証は終了したと言えるが、これまでに 被告側からまともな反論は出てきていない。

2018年11月18日日曜日

第17回子ども脱被ばく裁判のご案内(2018年12月11日)

子ども脱被ばく裁判の原告のみなさま、ご支援くださるみなさま

いつも子ども脱被ばく裁判をお支えくださり、ありがとうございます。下記のように第17回口頭弁論期日をご案内致します。午前の学習会では、井戸謙一弁護団長から子ども脱被ばく裁判の今後についてお話をしていただきます。弁護団の方針を伺い意見を交換し、裁判を勝利に導いていきましょう。
引き続き公正な裁判を求める署名活動を行っています。期日1週間前までに井戸弁護士宛に送付してください。皆さまのご協力に感謝し、なお一層のお声かけをお願いする次第です。どうぞ宜しくお願いいたします。また、遠方の皆さまも集まりやすいように、11時からプログラムをスタートします。午後には法廷を満席にして、原告団と弁護団を応援しましょう。日々寒さが厳しくなるときですが、ぜひ、福島地裁を目指してお集まりください。


子ども脱被ばく裁判の会原告代表 今野寿美雄
共同代表 水戸喜世子 片岡輝美


■第17回口頭弁論期日について:弁護団より
1,今回、原告側は、次の準備書面を出す予定です。
(1) 国家賠償請求訴訟の原告らが受けた精神的苦痛(子どもに無用な被ばくをさせたことに対する精神的苦痛)が法的保護に値すること(被告国の主張に対する反論)を述べた準備書面
(2) 国家賠償請求が消滅時効にかかって請求できない旨の被告国の主張に対する反論を述べた準備書面
(3) 土壌中の放射性微粒子のうち不溶性のものがどの程度存在するかについての調査結果を踏まえた主張を述べた準備書面
(4) UNSCEAR2012年報告に対する批判を述べた準備書面
(5) その他
2,前回の口頭弁論期日以降、裁判所に対し、南相馬市立総合病院のデータの正確な意味内容について南相馬市に回答を求めるよう、申し立てています。(「調査嘱託申立て」といいます)。一部の被告から反対意見が提出されており、裁判所は、まだ採否を明らかにしていません。
3,今回も原告の意見陳述を予定しています。
4,今回は、前回留保になった山下俊一氏の講演動画の上映がなされます。
5,引き続き、注目していただきますよう、お願いいたします。


■第17回子ども脱被ばく裁判プログラム
■日時:2018年12月11日(火)午前11時から午後5時まで
■会場:福島市民会館401号室 〒960-8021福島市霞町1番52号 ℡024-535-0111
    福島地方裁判所 〒960-8512   福島市花園町5-38 ℡024-534-2156
■日程
11:00 開会のあいさつ・署名報告
11:15 講演「子ども脱被ばく裁判のこれから」井戸謙一弁護団長
12:30 昼食と休憩
13:30 地裁へ移動
13:50 地裁前集会
14:00 傍聴券配布
14:15 入廷
14:30 開廷・意見陳述
15:30 閉廷
15:45 記者会見
16:00 本日の裁判と今後について意見交換
16:30 閉会のあいさつ


2018年10月29日月曜日

第16回子ども脱被ばく裁判報告と感謝

皆さま

10月16日 福島地裁で子ども脱被ばく裁判 第16回の口頭弁論が開かれました。各地からご参集いただきありがとうございました。

10時から恒例の学習会が開かれました。講師は脳神経科学で学位を取られた元新聞記者という経歴の伊藤浩志さん。現代人は様々な不安を抱えて生きています。不安は脳の一部である「扁桃体」と深くかかわっているという話を興味深く学びました。扁桃体を損傷すると、合理的、知的能力が正常でも、情動反応がないので、自分にとって何が有利で何が不利かを直感的に判断できない。扁桃体は危険を発見、回避するための 警報装置であり、危険を知らせてくれる「不安」という情動が 命を守る為に重要な役割を果たしていると話されました。
また科学は社会的関係性の中で捉えるべきであること、科学者と言えども、バイヤスから自由ではないこと、価値観の違いによってリスクの定義も異なってくることなど 、人々を分断しがちな要因についても学ぶことができました。
科学よりは、実は情動=直感の方が人間として上位にあるこという例証は興味深いものでした。講演が終わって、いくつかの鋭い質問が出ました。真摯に答えてくださいましたが、避難の正当性、科学の政治的悪用、価値観による分断など、今日の学習をもとに、各自が引き続き考え続けることの大切さを感じました。

午後からは弁護団から、今日の論点のあらましについての説明を受けてから裁判所前に結集し各地から支援活動についての報告を受け、裁判勝利への決意表明がされました。「孫が8人います。この子たちの未来を思って山形から初めてきました」という発言、河野益近さんの土壌測定の報告も注目を浴びました。

法廷はほぼ満杯。メディア関係ではママレボの和田さん、西中さんのほか民友、民放から若い女性記者が参加されました。

この日の原告陳述は都合で参加できなくなったご本人に代わって、原告の佐藤美香さんが陳述台に立ってくださったが、まるで本人の思いが乗り移ったかのような魂のこもった代読でした。

準備書面によるやりとりについては、弁護団長からの報告をご覧ください。

みなさまにご協力いただき、当日提出された署名の数は 3043筆、延べ 60248筆となりました。引き続き、署名の取り組みを、よろしくお願い申し上げます。

次回期日は 12月11日 です。(次々回は2月20日)。裁判も大きな山場を迎えていますので 学習会は 井戸弁護団長から裁判の焦点について 集中的に学習をしたいと思います。
どうか是非ともお誘い合せてご参加ください。


《弁護団からの本日の報告》

子ども脱被ばく裁判2018年10月16日第16回口頭弁論期日報告
弁護団長 井 戸 謙 一

1 原告側は、準備書面58~61の4通の準備書面を陳述し、調査嘱託の申立てをしました。
(1) 準備書面58 
内部被ばくの健康リスクを実効線量で評価してはいけないこと、特にセシウムの不溶性微粒子による内部被ばくは、危険性が大きいことを主張したもの
(2) 準備書面59
被告福島県に対し、福島県県民健康調査甲状腺検査における「経過観察問題」、すなわち、経過観察となった後に甲状腺がんを発症した子どもの数を調査の上、明らかにすることを求めたもの
(3) 準備書面60
山下俊一氏が福島原発事故直後に福島県内各所でした講演の内容が、科学的に荒唐無稽であることを主張したもの
(4) 準備書面61
南相馬市立総合病院の「患者数の推移」として南相馬市が公表したデータによって、福島原発事故後、同病院の患者数が増加していることを指摘し、被告基礎自治体に対し、各区域内の総合病院の患者数の推移を証拠提出することを求めたもの(なお、南相馬市立総合病院の上記データについては、ネット等で、「患者数ではない」との意見が公表されていますので、今後、その数字の持つ正確な意味を明らかにしていく必要があります。)
(5) 調査嘱託申立て
福島県立医大及び同大学鈴木眞一教授をリーダーとする研究チームに対し、経過観察とされた子どもの中から甲状腺がんを発症した子どもの数の報告を求めたものです。

2 被告国は、第10準備書面を提出しました。その内容は、①子どもが無用な被ばくをしたことによる精神的苦痛は、法的保護に値しない、②原告らの権利は、既に時効消滅している、というものです。

3 被告福島県は、第16準備書面、第17準備書面を提出しました。第16準備書面は、日本の法律による年1ミリシーベルト規制や放射線管理区域規制の趣旨等を述べたもの、第17準備書面は、被告福島県は、県民健康調査甲状腺検査の経過観察中の甲状腺がん発症数を把握しておらず、調査する義務もないと主張するものです。

4 裁判所は、上記1(5)の調査嘱託については、被告国の意見を聞いて採否を決定することになりました。また、原告側は、上記1(3)の準備書面60に関連して、山下氏の講演映像のDVDを証拠として提出しており、これを法廷で再生することを希望していましたが、これは、次回に行うこととなりました。

5 今回は、新たに3043筆の署名を裁判所に提出することができました。署名活動へのご協力、ありがとうございました。

6 次回口頭弁論期日は、12月11日午後2時30分、その次の期日は、来年2月20日午後2時30分です。引き続きのご支援と多数の傍聴をお願いいたします。
以上

2018年9月29日土曜日

第16回子ども脱被ばく裁判のご案内(2018年10月16日)

子ども脱被ばく裁判原告・支援者のみなさま

 今夏は各地で大きな自然災害に見舞われました。被災地のみなさまに心よりお見舞い申しあげます。また大切な方を失い、深い悲しみの中にいる方々には衷心よりお悔やみを申しあげます。悲しむ人々の傍らに共に悲しむ人がいてくださいますことを心から祈っております。
 第16回子ども脱被ばく裁判口頭弁論のご案内です。午前中の学習会には、伊藤浩志さんをお迎えし脳科学の分野から原発事故についてお話していただきます。目に見えない放射能を怖がる不安を脳科学の立場から解明した御著書も、広く読まれ支持されています。ぜひご期待ください。
 弁護団は、県民健康調査の受診者中の甲状腺がん発症者の総数を把握しようともしない被告福島県に対して、更なる追及を検討しています。また、前回原告側から不溶性放射性微粒子によるリスク問題について具体的な反論を求めたことに対し、被告である7つの自治体がどのような反論が出るのかを注目しています。
 引き続き公正な裁判を求める署名活動を行っています。期日1週間前までに井戸弁護士宛に送付してください。皆さまのご協力に感謝し、なお一層のお声かけをお願いする次第です。支援者である私たちは法廷を満席にして、原告団と弁護団を応援しましょう。皆さまのご参加をお待ちしています。

子ども脱被ばく裁判の会原告代表 今野寿美雄
共同代表 水戸喜世子 片岡輝美

■第16回子ども脱被ばく裁判プログラム
■日時:2018年10月16日(火)午前10時から午後5時まで
■会場:福島市民会館301号室 〒960-8021福島市霞町1番52号 ℡024-535-0111
    福島地方裁判所 〒960-8512  福島市花園町5-38 ℡024-534-2156
■日程
10:00 開会のあいさつ・署名報告
10:15 講演「なぜ福島は分断するのか:脳科学から見た原発事故」 伊藤浩志さん 質疑応答
12:00 昼食と休憩
13:00 本日の裁判の争点説明
13:40 地裁へ移動
13:50 地裁前集会
14:00 傍聴券配布
14:15 入廷
14:30 開廷・意見陳述
15:30 閉廷
15:45 記者会見
16:00 本日の裁判と今後について意見交換
16:30 閉会のあいさつ

■第16回口頭弁論期日について:弁護団より
1,今回、原告側は、次の書面を出す予定です。なお、福島県内の現在の土壌に含まれる不溶性放射性微粒子の量についての検査データが入手できれば、それに基づく主張を追加します。また、県民健康調査の受診者中の甲状腺がん発症者の総数を把握しようともしない被告福島県に対しては、更なる追及を検討しています。
(1) 山下発言について、「科学的知見にもとづいて専門家としての見解を示したもの」という被告福島県の主張に対する反論
(2) 現行法による年1ミリシーベルト規制、1平方メートル当たり4万ベクレル規制が厳格に守られるべきことについて
2,被告国からは、原告らが主張する損害及び因果関係等について主張が出る可能性があります。
3,被告福島市、川俣町、伊達市、田村氏、郡山市、いわき市、会津若松市に対しては、前回期日で、原告側から、不溶性放射性微粒子によるリスク問題について具体的な反論をするように求めています。どのような反論が出るか注目です。
4,今回も原告の意見陳述を予定しています。
5,主張のやり取りも最終段階に入ってきました。引き続き、注目していただきますよう、お願いいたします。

■伊藤浩志さんプロフィール
1961年、静岡県生まれ。福島市在住。10年間、新聞記者をした後、東京大学大学院に進学。 脳神経科学を専攻し、ストレス研究で博士号を取得した。国立研究機関などでの研究員を経て、現在、フリーランスの研究者。福島原発事故後の健康課題、現代社会の健康格差などをテーマに執筆活動を行う一方、北海道大学、国際基督教大学などで原発事故をテーマに授業を行っている。著書に『復興ストレス:失われゆく被災の言葉』(彩流社)、島薗進・東大名誉教授との共著『「不安」は悪いことじゃない』(イースト・プレス)がある。

[お詫びと訂正]『子ども脱被ばく裁判 意見陳述集Ⅰ』

ブックレット『子ども脱被ばく裁判 意見陳述集Ⅰ』をお買い上げのみなさま、本当にありがとうございます。中の記述に1か所の誤りがありました。お詫びし訂正致します。


12頁「政府の被ばく政策について」の2行目

■誤:「100人に1〜2人の病気だったはず」
■正:「100万人に1〜2人の病気だったはず」

子ども脱被ばく裁判の会

2018年7月18日水曜日

2018年7月19日 かながわ訴訟結審

かながわ訴訟原告団長・村田さんからのお知らせです。

皆さま
多くの方々に支えていただき、かながわ訴訟も19(木)、4年10カ月の審理を終え、結審となります。当日は午前10時から午後3時半ごろまで、原告側と東電の最終陳述が行われます。
これに先立ち9時過ぎから横浜地裁前の歩道両側100㍍ほどで、メッセージを書いた赤・青の横断幕の中を原告・弁護団が進む入廷行動、昼12時過ぎから裁判所周辺のデモ行進、法廷終了後に記者会見、報告・決起集会を予定しています。
傍聴抽選は9時40分締め切りとなりますが、手荷物検査がありますので、早めに裁判所内に入ってください。