2017年5月11日木曜日

県民健康調査・甲状腺検査のあり方に関する要請書提出

■県民健康調査・甲状腺検査のあり方に関する要請書提出報告■
5月9日、「県民健康調査・甲状腺検査のあり方に関する要請書」を「原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)と共に提出し、記者会見を行いました。参加者は、武藤類子共同代表を始め福島県在住、また神奈川や東京から駆けつけたひだんれん6名のみなさん、子ども脱被ばく裁判の会からは今野寿美雄さんと片岡輝美、支援者のみなさん3名の計11名でした。

午前10時、要請書受け取りの場所に指定された県庁西調査2階喫茶コーナーで、県民健康調査課主任主査・福島秀幸さんと洞口一之さんと会い、ひだんれんの要請書を共同代表・武藤類子さんが、子ども脱被ばく裁判の会要請書を片岡が読み上げ、手渡しました。その後30分ほど、参加者から意見を伝えました。同課担当者は「この場は要請書を受け取るだけ。要請書は意見として伺い、業務の中で生かしていく。具体的な対策については答えられない」とのことで、回答を得られませんでしたが、主に次のような意見を伝えました。

1,要請書は内堀県知事にも宛てたものであるから、必ず渡してほしい。
2,県民健康調査検討委員会委員には、この要請を必ず届けてほしい。
3,健康調査や甲状腺検査を巡って、市民団体と意見交換の場を持つことはどうか。

ひとつ確認できたこととしては、「事故当時4歳だった当該児童の親から相談があれば、県のサポート事業に該当するかどうか、検討し対応したい」との言葉です。武藤ひだんれん共同代表からこのような事例がまだあるかもしれないので、県立医大と連絡を取り合ってほしいと要請しました。また、今後5月か6月にある県民健康調査検討委員会に、今回の件について県民からの要請の内容を報告してほしい旨、重ねて伝えました。

記者会見には10社ほどが集まりましたが、質問をしたのは共同通信と河北新報のみでした。今野寿美雄さんからは、原発事故後苦闘しながら子育てをしている親の声、また将来を案じる子どもの声が紹介され、福島県はどの生命も守る施策を取るべきであることが訴えられました。記者会見での片岡の発言を添付しますので、ご覧ください。5月10日福島民報に掲載されました記事も添付します。

子ども脱被ばく裁判の会要請書には県内、全国から71団体が賛同してくださいましたこと、心から感謝申しあげます。ありがとうございます。要請書提出の際、71団体が賛同団体であることを両主任主査に伝えました。つまり、それぞれの団体に所属、つながる人々は何千何万人になり、それだけ、この事態に大きな関心が寄せられ注視されていることを自覚していただきたいと、念を押しました。頷いていましたので、何か伝わったことがあると期待しています。要請書への回答は、5月22日〆切・文書回答を指定しました。回答があり次第、ご報告します。


要請書は下記に「続きを読む」をクリックください。↓

2017年4月25日火曜日

「県民健康調査・甲状腺検査のあり方に関する要請書」賛同団体への呼びかけ(拡散希望)

みなさま

みなさまの各地での生命を守るお働きに敬意を表します。さて、この度、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)は、福島原発事故当時4才のお子さんが甲状腺がんを発症し手術を受けていたにもかかわらず、「がんやその強い疑い」の人数に反映されていなかったことに強く抗議するために、福島県と県民健康調査課に要請書を提出し、記者会見を行うことになりました。

私たち子ども脱被ばく裁判の会は、ひだんれんからの呼びかけに応え、独自に「県民健康調査・甲状腺検査のあり方に関する要請書」を作成し、ひだんれんと共に要請書の提出と記者会見を行います。

そこで、この要請書に賛同する団体を募ります。ぜひ、ご検討ください。どうぞよろしくお願い致します

2017年4月23日



子ども脱被ばく裁判の会
共同代表 片岡輝美、水戸喜世子

■提出日時、記者会見は以下の通りです。
2017年5月9日(火)
10:00~10:30福島県県民健康調査課に提出
11:00~11:30記者会見・県庁2階県政記者室

■申し込み〆切:5月2日(火)

■賛同団体申し込み・お問い合わせ先
子ども脱被ばく裁判の会事務局
メールアドレス 
kodomo2015-info@oregano.ocn.ne.jp


***************************************


要請書


福島県知事 内堀雅雄 様
県民健康調査課課長 鈴木陽一 様


県民健康調査・甲状腺検査のあり方に関する要請書


 県民健康調査は、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故(以下「福島原発事故」という)による放射性物質の拡散や避難等を踏まえ、「県民の被ばく線量の評価を行うとともに、県民の健康状態を把握し、疾病の予防、早期発見、早期治療につなげ、もって、将来にわたる県民の健康の維持、増進を図ること」を目的として実施されています。さらに、県民健康調査の詳細検査の一つである甲状腺検査は「子どもたちの健康を長期的に見守ること」を目的として、2011年3月11日時点で概ね18歳以下の福島県民を対象に、甲状腺(超音波)検査を実施しています。
 これまで、甲状腺検査で184人の子どもたちが「小児甲状腺がんないしその疑い」と診断され、そのうち、約150人の子どもたちが手術を受けたとされています。これらが、福島原発事故の放射線被ばくに起因するか否かは別としても、福島県内に184人の小児甲状腺がんないしその疑いとされた子どもたちが存在することそのものが、極めて由々しき事態と指摘せざるを得ません。
 甲状腺検査は、被ばくによる健康被害の早期発見・治療のみならず、福島原発事故による放射線被ばくと小児甲状腺がん発症との因果関係を調べる上で、非常に重要な疫学調査の側面を有しており、私ども県民の期待も大きい検査です。
 ところが、今般、福島原発事故当時4歳の児童から小児甲状腺がんが発見されながらも、その児童が、県民健康調査で公表されている「甲状腺がんないしその疑い」の数に反映されていないことが分かりました。
 この点につき、福島県立医大内で県民健康調査の運営組織として設立された放射線医学県民健康管理センターは、「甲状腺検査Q&A」において、甲状腺検査の2次検査で経過観察となり、その後、通常の保険診療を受けていた人が甲状腺がんと診断された場合は、県民健康調査の「悪性ないし悪性疑い」の数に反映されず、手術を受けても手術症例数に加えられないことになっているとの説明をしました。
 そもそも、甲状腺検査は、疫学調査の側面を有していますから、甲状腺がんないしその疑いとされた子どもたちの人数を、より正確に把握することが大切であることは述べるまでもありません。低線量の放射線の影響をみるためには、長期間経過を見守る必要があります。放射線医学県民健康管理センターも「低線量の放射線の影響をみるためには、長期間経過を見守る必要があります」と述べていますが、「影響をみる」ためには、福島原発事故で被ばくした子どもの中から小児甲状腺がんを発症した子どもたちについて、その数、進行度、手術予後等の全体像を把握する必要があることは自明です。従いまして、今回の件は、疫学調査の信頼度のみならず、県民からの信頼も大きく損ねかねず、極めて憂慮すべき事態と考えています。
 そこで、下記の事項について要請いたします。



  • 要請事項1 甲状腺検査で、これまでに二次検査で経過観察とされた子どもたちの中で、その後に小児甲状腺がんと判明した人数を明らかにするとともに、今後は、二次検査で経過観察とされた子どもたちの中で、その後に小児甲状腺がんと判明した場合にも必ず公表するよう、ルールを変更してください。
  • 要請事項2 福島原発事故後に誕生した子どもも甲状腺検査の対象とするなど、より質、回数共に充実した疫学調査としてください。

以上

2017年5月9日


子ども脱被ばく裁判の会
連絡先:郡山市桃見台8 番地レールシティ桃見台702 号
メールアドレス
kodomo2015-info@oregano.ocn.ne.jp
代表電話番号 080−5520−4979



2017年4月18日火曜日

第10回子ども脱被ばく裁判口頭弁論のご案内

いつも子ども脱被ばく裁判をお支えくださり、ありがとうございます。
5月24日、第10回子ども脱被ばく裁判口頭弁論のご案内を致します。


2月15日、第9回裁判では、被告である国が個々の子どもの被ばく線量を明らかにするように求めたのに対し、原告側はその必要はないと拒否しました。その理由は、例え少量であっても健康リスクを生じる可能性があるのだから、個々の違いを明らかにする必要はないからです。さらに、子どもの被ばく線量を測るべき被告・国や福島県が義務を放棄したことにより、原告は無用な被ばくを強いられたこと、そして、その無責任さゆえに、原告側が正確な線量を主張することは不可能であると反論しました。また、原告側からの求釈明により、福島市における給食は、平成23年11月~平成24年4月までは500bq/kgを基準としていたこと、郡山市では、平成23年4月5~7日の測定で、文科省基準の3.8μSv/時を超えていた小中学校が4校あったが、その後、基準以下になったから他の小中学校と同様に始業したことなど、衝撃的な事実が明らかになりました。このように、本裁判は実質審議を重ねており、その内容が記された原告被告提出の準備書面は弁護団ブログに掲載されておりますので、ご覧ください。
弁護団ブログ:
http://fukusima-sokaisaiban.blogspot.jp


3月18日に出された国と東電の過失を認める前橋地裁の判断に、私たちは希望を見出しました。しかし、その後の裁判では、残念ながら国策に追従する判決が出されています。前橋地裁判決に続く判決を勝ち取るため、さらに、本裁判をお支えください。満席の傍聴席から裁判官に良識と勇気ある判断を訴えましょう。みなさまのご参加を心よりお願い致します。


子ども脱被ばく裁判子ども人権裁判原告代表 今野寿美雄、親子裁判原告代表 根本淑栄
子ども脱被ばく裁判の会共同代表 水戸喜世子 片岡輝美



■第10回子ども脱被ばく裁判口頭弁論日程
■日時:2017年5月24日(水)午前10時30分〜午後5時30分
■会場:福島市民会館 〒960-8021福島市霞町1番52号 ℡024-535-0111
    
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/site/shisetsu/shisetu-bunka26.html
    福島地方裁判所 〒960-8512  福島市花園町5-38 ℡024-534-2156
■プログラム
10:30 開会のあいさつ・署名数報告
10:40 学習会
12:00 昼食と休憩
12:45 弁護団より本日の裁判の争点
13:15 地裁へ移動
13:30 地裁前集会
14:00 傍聴券配布
14:15 入廷
14:30 開廷・意見陳述
15:30 閉廷
15:50 記者会見
16:20 本日の裁判と今後について意見交換
17:30 閉会のあいさつ
■問合せ:子ども脱被ばく裁判の会事務局 
kodomo2015-info@oregano.ocn.ne.jp



2017年3月12日日曜日

ブックレット『子ども脱被ばく裁判 意見陳述集Ⅰ』発売!

待望のブックレット『子ども脱被ばく裁判 意見陳述集Ⅰ』が出来上がりました。
第1回から7回までの口頭弁論期日で意見陳述をされた原告のおとうさん、おかあさんの思いが込められています。ぜひお読みいただいて、周りの方々へもご紹介いただければ幸いです。

☝クリック




2017年1月31日火曜日

第9回子ども脱被ばく裁判口頭弁論のご案内

子ども脱被ばく裁判支援者のみなさま


第9回子ども脱被ばく裁判口頭弁論のご案内をお届けします。2014年8月、子ども脱被ばく裁判の原告約200名は福島地方裁判所に提訴し、この度9回目の口頭弁論を迎えます。この裁判は、長期低線量被曝の健康に対する危険性の有無、程度が第一のテーマですが、被告の国、福島県らは形式的な反論しかしてきていません。早期に実質的な反論をさせて、議論を深めていくことが今後の主たる課題になります。全国各地で原発訴訟が行われ、間もなく順次結審を迎えます。人災である原発震災の責任を明らかにしていくために、私たちは全国的な動きも学びたく、今回のアクションプログラムには当裁判原告でもある中手聖一さんをお招きし、目の前に迫りつつある区域外避難者無償住宅支援打ち切り阻止についてお話を伺いたいと思います。ご多忙、厳寒の時ではありますが、どうぞご参集ください。


■日時:2017年2月15日(水)午前10時30分〜午後5時30分
■会場:福島市民会館 〒960-8021福島市霞町1番52号 ℡024-535-0111
    
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/site/shisetsu/shisetu-bunka26.html
   福島地方裁判所 〒960-8512  福島市花園町5-38 ℡024-534-2156
■プログラム
10:30 開会のあいさつ・署名数報告
10:40 アクションプログラム・中手聖一さんのお話と質疑応答
12:00 昼食と休憩
12:45 本日の裁判の争点 弁護団
13:15 地裁へ移動
13:30 地裁前集会
14:00 傍聴券配布
14:15 入廷
14:30 開廷・意見陳述
15:30 閉廷
15:50 記者会見
16:20 本日の裁判と今後について意見交換
17:30 閉会のあいさつ



■中手聖一さん
1961年いわき市生まれ、福島市在住中に東日本大震災で被災。2012年6月、30年以上務めた障がい者団体を退職し札幌市に移住。2013年3月、障がい者向け訪問介護を行う「うつくしま介助サービス」を、避難者仲間たちと立ち上げる。現在その代表社員。
原発事故子ども・被災者支援法市民会議代表世話人、避難住宅問題連絡会「避難の権利」を求める全国避難者の会共同代表、こだまプロジェクトのメンバー。


2016年12月18日日曜日

第8回口頭弁論期日報告(片岡輝美)


同代表・片岡輝美です。各地で降雪大雪の模様です。また胃腸炎やインフルエンザも流行しています。くれぐれも足元にご注意、ご自愛ください。
12月12日第8回子ども脱被ばく裁判口頭弁論が行われ、日本各地から約40名の支援者が集まってくださいました。特に、今回初めてお出でになった方もいらっしゃいました。仙台在住の女性は、身近で除染土の焼却問題が持ち上がり情報収集をしているなかで、この裁判のことを知り参加。また、他の初老の男性は、ご自分の甲状腺ガン摘出の経験を話してくださいました。それぞれに、原発震災を自分の課題、そして子どもたちの健康や未来を脅かす課題として捉えています。裁判前のプログラムでは、当日の争点を古川弁護士と井戸弁護士に解説していただきました。
陳述を務めた原告Uさんは、県外避難ですから、これまで裁判に足を運ぶことはできませんでした。朝、ご挨拶をしたとき「ぼくが陳述でいいのでしょうか」と躊躇いを口にされていましたが、陳述では一つ一つの言葉に思いを込め、悔しさと怒りを述べられました。集会の最後には、陳述では後ろの座る多くの支援者の後押しを感じて話をすることができたこと、1日裁判に参加しとても励まされたことを感謝の言葉と共にお話くださいました。もうひとり陳述する予定の原告さんは、諸事情により欠席となり代読がなされました。日頃一緒に裁判の活動をしている時に知ることはなかった震災直後の経験が陳述に綴られていました。私は驚きと共に、改めて国や県の罪の大きさを感じていました。
裁判当日の詳細や争点は、下記の弁護団ブログや各地の支える会ブログを参考にしてください。
今年1年裁判をお支えくださり、感謝申しあげます。楽しいクリスマスとお正月をお過ごしください。


子ども脱被ばく裁判弁護団のブログ
支える会・西日本のブログ:口頭弁論の感想と西日本通信第5号をアップ(ブログ画面右サイド)しました。
先日配布した西日本通信をカラーでご覧いただけます。
支える会・東日本
脱被ばく実現ネット

2016年12月10日土曜日

第8回子ども脱被ばく裁判口頭弁論期日のご案内

季節が変わり、福島の山々の頂きも白くなりました。首都圏では例年になく早い降雪が報じられています。みなさま、どうぞご自愛ください。いつも子ども脱被ばく裁判をお支えくださり、ありがとうございます。第2次署名でも続けて大きなご協力を頂いています。感謝申しあげます。12月12日(月)第8回口頭弁論期日のご案内をお届けします。今回も傍聴席を満席にして、弁護団原告団を応援しましょう。今回のアクションプログラムは、本裁判の今後について、弁護団より詳しくお話をしていただきます。本格的な審議に入り、弁護団は反論のために多くの証拠を整えています。その内容や今後の方針などをお伺いし、意見交換を持ちたいと思います。この案内は所属の団体や個人で拡散していただきたく、お願いいたします。寒さが厳しくなる時ではありますが、たくさんのご参加をお待ちしております。
子ども脱被ばく裁判の会共同代表 水戸喜世子 片岡輝美


■日程:12月12日(月)午前10時30分〜午後5時
■会場:福島市民会館 〒960-8021福島市霞町1番52号 ℡024-535-0111
    
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/site/shisetsu/shisetu-bunka26.html
    福島地方裁判所 〒960-8512 福島市花園町5-38 ℡024-534-2156
■プログラム
09:45 原告・スタッフは福島市民会館に集合、会場設営
10:30 開会の挨拶・署名報告など
10:40 弁護団報告会「裁判のこれからについて」 弁護団
12:00 昼食
12:45 支援団体報告
13:30 地裁前集会
14:00 傍聴券配布
14:30 裁判
15:50 記者会見
16:20 意見交換 
17:00 閉会の挨拶